スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

脱洗剤5

脱洗剤1

脱洗剤2

脱洗剤3

脱洗剤4 の続き。


脱洗剤をすると様々な肌トラブルが即解決!!


……たぶん無理です(^_^;)




今までの生活習慣から考えると大きく転換することになるので
いきなり脱洗剤に身体が適合出来るわけではないです。

もちろん個人差があるので、
いきなり良い結果が出るような人もいるかもしれませんが。



自分自身は体に関しては問題無く脱洗剤に移行できましたが、
頭皮や毛髪に関しては、やや難ありでした。


フケ出ました。

かゆみ出ました。

臭いも気になりました。


1週間で良い結果が出る人もいますし、
半年くらい経って良い結果が出る人もいます。

それまでの生活習慣や元からの体質にもよるんでしょうね。



あとは脱洗剤に移行したあとでも食生活が偏ってしまったり、
睡眠があまりとれなかったりすると状態が悪くなったりします。

脱洗剤4 で挙げたように全体のバランスが取れていなければ、
脱洗剤をしていても肌が荒れるときは荒れます。


なんにせよ 焦らずに気長に楽しみながら脱洗剤するのが良いと思います(^^)





…そんな感じで自分は脱洗剤にだいぶ慣れてきていたんですけど、
実は頭に関しては ここ数日は脱・脱洗剤してます。


妻が美容師免許を取るため鋭意練習中なので
シャンプーモデルとして頭を差し出し中。

体に関しては そのまま脱洗剤生活を維持出来ますが、
頭に関しては しばらくは脱・脱洗剤生活が続きそうです(^_^;)

スポンサーサイト
[ 2012/09/28 06:26 ] 脱洗剤 | TB(0) | CM(0)

脱洗剤4

脱洗剤1

脱洗剤2

脱洗剤3 の続き。


バナナがダイエットに良いと聞けば こぞって買い漁り、
小売り店からバナナがなくなる。

トマトが健康に良いと聞けば こぞって買い漁り
小売り店からトマトやトマトジュースがなくなる。

その他諸々。



○○が良いという情報が発信されると
どうしてもそればかりがフィーチャーされてしまいます。


しかし、大事なのは全体のバランス。

バランスの取れた生活という土台がある上で
良い効果が得られるんじゃないかと思います。



脱洗剤にしてもそう。

洗剤を使わないということは非常にインパクトがあって、
脱洗剤をするということ自体が目的になってしまいそうですが、
あくまでも脱洗剤は手段であって目的ではないです。

全てのバランスを保つ上での ただの一要素。


不規則な生活をして肌がボロボロだから脱洗剤のみで解決を図る。
そんなの無理です(^_^;)


身体にとってバランスの良い食生活をして、
疲れを取るのに十分な睡眠時間を取って、
ストレスを溜めないようにして、
脱洗剤をして…。

で、良い結果が得られる。


それくらいの位置づけで考えておいたほうが良いんじゃないかと
個人的には思います。

[ 2012/09/27 07:04 ] 脱洗剤 | TB(0) | CM(0)

脱洗剤3

脱洗剤で肌荒れが治った。
脱洗剤で体臭が軽減した。

などなど、


調べてみると脱洗剤のメリットがモリモリ出てきます。

でも、脱洗剤って万能なんですかね(?_?)




自分たちが普段口にする食べ物。
だいたいが他人の手を介して作られ、
何がしかの処理をされています。

完全に自然なものかというと決してそうではないです。


水にしても人の手を介したものを飲みます。
おいしい湧き水が近くにあれば理想ですが(^_^;)


一日三食の食生活にしてもそう。

歴史を辿ると元々は一日一食。
それが歴史を重ね、社会が発展していく中で
一日二食になり、一日三食へとなっていきました。

今では一日三食の習慣が殆どの人の生活に組み込まれていますが
それは自然なものではなく、大人の事情(笑)で作られたものです。


このように食生活だけをとっても自然ではないものに溢れています。
他にも自分たちを取り囲む環境や仕組みは自然じゃないものばかり。


これらに対して脱洗剤という自然の形のみで対処していくには
無理があるんじゃないかなぁと思います。




続きます(^^)/
[ 2012/09/26 08:28 ] 脱洗剤 | TB(0) | CM(0)

脱洗剤2

最近産まれたウチのおちびさん。

真尋1


生後1ヶ月半で脱洗剤歴1ヶ月半です。



1日1回お風呂に入りますが、
お湯に浸かりながら手かガーゼで汚れを落とすくらい。


特に暑い時は乳児湿疹と汗疹で肌が荒れたこともあって、
1度だけ病院でもらった薬を付けたことがありますが、
それ以降はガサッとしている箇所があれば、ワセリンを塗るのみ。


ここ数日で浦河町もだいぶ涼しくなってきたので肌の状態は良好。

セッケンやボディーソープを使わなくても大丈夫です。

元から肌が強いということや季節的な違いがあるかもしれないけど、
上の子ども2人の時よりも肌の状態は良いです。



しかし、赤ちゃんのスキンケアについて調べてみると、

セッケンでボディーソープで清潔にしてあげて、
スキンケア用品でしっかりと保湿するのが大事とのこと。

どうやら脱洗剤は論外のようですね(^_^;)



ただ、脱洗剤1 で挙げたように洗剤で身体を洗うということは

本当に不必要な汚れや菌だけを洗い流してくれるわけではなく
本来は皮膚のバリアとなる皮脂を洗い流して、
そこで活動する常在菌も流していくということ。


もちろん状況によっては洗剤を使うことがベストな選択に
なりうることもあります。

しかし、脱洗剤をすることでも良好な結果が出ているのも事実。



常識ということを 選択する上での判断基準としてしまうのは
やはり問題があるように思えます。


[ 2012/09/23 21:10 ] 脱洗剤 | TB(0) | CM(0)

脱洗剤1

洗剤を使わないという選択。


インターネットで調べてみると、
脱洗剤生活をしている人が増えてきています。



脱洗剤とは。



人間の皮膚には 誰にでも皮膚常在菌といわれる微生物がいて、
皮脂や汗、体から出るたんぱく質を腐敗する前に食べてくれます。

菌だから汚い、皮脂をスッキリ取って清潔にするのが良い、
といった認識を持っている人も多々いるでしょう。


しかし、実際には その皮脂が常在菌の住処であり、
肌を覆って外部の攻撃から守るバリアとなっています。


常在菌の中には色々な種類のものがあり、
良い影響を与えるもの、悪い影響を与えるもの、
普段は おとなしくしているが、
状況によっては悪い影響を与えるもの。

それぞれの相互作用により、バランスが保たれている訳です。


細菌性の病気になった時に処方される抗生物質。

細菌を殺すことを目的に服用しますが、
体内の状態を保っている常在菌のバランスを崩して、
おなかの調子が悪くなったり、
その他にも副作用が起こることもあります。

病原菌のみをピンポイントに狙えれば影響は少ないのかもしれないですが、
濫用することによって耐性菌が出現するおそれもあるみたいですし、
他の必要な菌にも影響を及ぼすために どちらにしてもバランスが崩れるでしょう。

もちろん、状況に応じて抗生物質に頼ることは必要なことですが、
それに頼りっきりになることによって悪影響が出ることは明らかです。


シャンプーに限らず、その他の洗剤も似たようなもんでしょう。


本当に不必要な汚れや菌だけを洗い流してくれるわけではなく
本来は皮膚のバリアとなる皮脂を洗い流して、
そこで活動する常在菌も流していく。

明らかにバランスは崩れていきます。


状況に応じて、洗剤で洗ったほうが良いということもあります。

ただ、洗剤で頭髪・身体を洗うのが一般的・常識だ という認識で
ルーティンワークのように洗剤で毎日のように洗うという行為は
メリットよりもデメリットのほうが多いかなと思います。


40万から25万年前に現れたホモ・サピエンス。
更に、2億2500万年前が起源とされる哺乳類。

洗剤で洗うという行為が本当に必要な行為であるならば、
全ての哺乳類は肌荒れに悩まされ続け、体毛は失われています。

しかし、実際には ほとんどの哺乳類は豊富な体毛に覆われ、
肌荒れに悩まされている動物に溢れてはいない。

それは 確かな事実です。


[ 2012/08/21 07:00 ] 脱洗剤 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。